霊芝は Ganoderma lucidum (サルノコシカケ科マンネンタケ)で、漢方薬で最も貴重な薬草としてよく知られています。中国では霊芝(リンツゥ) と呼ばれ、 "幻の霊薬" とも称されています。

霊芝は「生命を養う長寿薬」として、紀元前2世紀から、その薬効が明らかにされていました。2000年前の中国の薬物書に、すでに具体的な効能が記されています。しかしながら、その天然霊芝の稀少さ故に、霊芝を健康の為に利用できたのは、歴史上王族或いは上流階級に限られていました。1970年代に、霊芝の人工栽培に幾つかの方法が成功し、かつて上流階級のみが味わえたこの漢方薬は今、一般大衆にも容易に利用可能となりました。現代の難病といわれる癌や、肝臓病に対する有効性が明らかになり、多数の患者記録について、現在中国やイギリスなど多くの国が広範囲に霊芝の医学的薬効を詳しく研究しています。

今、研究者達が注目をしているのは、血液浄化作用、癌細胞鎮静作用、また、血糖値を正常化し、免疫機能を強化させる赤霊芝の含有成分、β-D-グルカンという多糖体とガノデリン酸です。 実際、霊芝市場の製品の多くは赤霊芝を使用しています。

副作用のある従来の西洋医学とは対照に、 霊芝は副作用がなく、健康と体内機能を改善させるといった適応促進薬の特徴を持っています。朝鮮人参は現在、霊芝より適応促進薬として東洋医学で使用されるのが一般的ですが、両方とも漢方薬書の中で医学の有効性の最も高い漢方薬として分類されています。

日本の霊芝業界は、特に良質霊芝を生産する技術の開発で、今、世界中の称賛を受けています。また、企業努力によって、日本霊芝の評価は一層高くなりました。

 

 

 

 

 

 

   

こちらをクリックすれば、無料で日本霊芝についての小冊子がもらえます。

英語版 (PDF)
中国語版 (PDF)


またウェッブサイト www.reishi.com
を訪問するか、或いは、その中にあるリンクページを閲覧すれば、詳しく日本霊芝のこと調べられます。